カタギ食品の
ごまごまブログ

自由研究にも!ごまの栽培記録①

自由研究にも!ごまの栽培記録①

現在、私たちが日本で食べているごまは、ほとんどが海外で栽培された外国産です。

過去には日本でもたくさん栽培されていましたが、現在、国内で消費されているごまの99%は外国産で、国産のごまは全体の約0.1%ほどしかありません。

それはなぜか?
理由は、ごまの栽培は機械化されておらず、栽培にとても手間がかかるからです。

そこで!!実際にごまを育ててみたいと思います!

まず原料はこちら!
今回は金ごまと黒ごまの種を播きます。

<金ごま>


<黒ごま>

日本でのごまの播種時期は暖かくなり始めた5~6月です。

◎2017年6月1日。
<金ごま>
<黒ごま>2週間もすると芽が出て、ここまで大きくなりました!

さらに2週間経つと
<金ごま>
<黒ごま>

ごまと共に雑草も生えてくるので、ごまに沢山栄養分がいきわたるよう、間引きを行います。
※その際、ごまと雑草を間違えないように注意します!

間引き前↓
間引き後↓

◎2017年6月21日
<金ごま>
<黒ごま>

◎2017年6月30日
<金ごま>
<黒ごま>

そして現在(2017年7月14日現在)、ごまの種を播いて約2ヶ月が経ちました。

今年は、梅雨入りしても雨が少なく、渇きが心配でしたが、
やっと雨も降り、ごまも元気よく育っています。

<金ごま>
金ごまは花を付け、可愛い小さなサヤが出来ました♪

<黒ごま>
黒ごまは、まだ花は咲いていませんが、どんどん大きくなっています!

今後サヤが大きくなり、収穫するのが楽しみです!

ごまを育ててみたい!という方は、弊社お客様係(0120-50-2996)もしくは、お問い合わせフォーム(https://katagi.movabletype.io/contact/form.html)よりご連絡頂ければお送り致します。
試しに自家製ごまを栽培されてみてはどうでしょうか?

ごまは、約3ヶ月(100日程度)で収穫できます。
つまり、5・6月に種を播くと約3ヶ月後の8月には収穫できますので、学校の自由研究にもぴったりですよ!

<カタギ食品HP>
https://www.katagi.co.jp/ 

胡幸ブランド通販サイト